「金融経済用語基礎ガイド」のご紹介


           当サイトは、金融と経済にかかわる広範囲な用語を集めてみました。
          金融といえば、金融情報、消費者金融、金融機関、資産運用、金融ニュース、経済ニュース等があり
          非常に幅広い内容がありますので、その内容を読み解く際に不明な用語等がありましたら
          ぜひ皆さんに活用して頂ければ幸いです。
          金融経済用語は、基礎の分かりやすいものを集めています。
          これで、皆さんが気になる大部分の用語が見つけられるのでは無いかと思います。



  
 TOP > ア行 > 

一般分離課税制度



一般分離課税制度

 
(イッパンブンリカゼイセイド) 
預貯金利子等にかかる所得税について、小額貯蓄非課税制度および源泉選択課税制度の代わりに1988年4月の改正租税持別措置法により導入された税制改革策のひとつです。一般の預貯金利子所得については他の所得と切り離し、一律に一定率の源泉課税を行う一方で、高齢者、身体障害者等には非課税制度が設けられています。この制度は微税事務が大幅に簡素化されるメリットはありますが、所得額にかかわらず同一の税率が適用されるため、金持ち優遇になるとの批判があります。



Google
 


 五十音索引
  
 リンク集

 プロフィール

 MAIL
    



Copyright (C) 金融経済用語基礎ガイド , All rights reserved.