「金融経済用語基礎ガイド」のご紹介


           当サイトは、金融と経済にかかわる広範囲な用語を集めてみました。
          金融といえば、金融情報、消費者金融、金融機関、資産運用、金融ニュース、経済ニュース等があり
          非常に幅広い内容がありますので、その内容を読み解く際に不明な用語等がありましたら
          ぜひ皆さんに活用して頂ければ幸いです。
          金融経済用語は、基礎の分かりやすいものを集めています。
          これで、皆さんが気になる大部分の用語が見つけられるのでは無いかと思います。



  
 TOP > ア行 > 

インターバンク預金



インターバンク預金

 
(インターバンクヨキン) 
金融機関から他の金融機関へ預け入れられた預金のことです。日銀に当座預金を持たない中小金融機関が手形交換や為替決済などのために保有する場合と、余剰資金の一時的な運用目的で保有する場合があります。インターバンク預金の金利については、戦後長く臨時金利調整法に基づく大蔵省告示や日銀ガイドラインによって規制されていましたが、1985年10月以降、金額10億円以上の大口定期預金の金利が自由化されたことに伴い、インターバンク定期預金についても金額10億円以上のものは付利自由となりました。



Google
 


 五十音索引
  
 リンク集

 プロフィール

 MAIL
    



Copyright (C) 金融経済用語基礎ガイド , All rights reserved.