「金融経済用語基礎ガイド」のご紹介


           当サイトは、金融と経済にかかわる広範囲な用語を集めてみました。
          金融といえば、金融情報、消費者金融、金融機関、資産運用、金融ニュース、経済ニュース等があり
          非常に幅広い内容がありますので、その内容を読み解く際に不明な用語等がありましたら
          ぜひ皆さんに活用して頂ければ幸いです。
          金融経済用語は、基礎の分かりやすいものを集めています。
          これで、皆さんが気になる大部分の用語が見つけられるのでは無いかと思います。



  
 TOP > ア行 > 

大口定期預金



大口定期預金

 
(オオグチテイキヨキン) 
定期預金額の最低預入金額が1000万円以上の場合の名称です。85年10月から大口定期預金の金利が自由化され、以後、預入単位の引き下げおよび預入期間の拡大が段階的こ行われ、89年10月に自由金利定期預金の最低預入金額は1000万円となりました。94年10月以来、当座預金を除くすべての預金金利が自由化されたこともあって、金額区分にさほどの意味はありませんが、こうしたこれまでの預金金利自由化の経緯もあって預入金額1000万円以上の定期預金のことを便宜的に大口定期預金と称しています。



Google
 


 五十音索引
  
 リンク集

 プロフィール

 MAIL
    



Copyright (C) 金融経済用語基礎ガイド , All rights reserved.