「金融経済用語基礎ガイド」のご紹介


           当サイトは、金融と経済にかかわる広範囲な用語を集めてみました。
          金融といえば、金融情報、消費者金融、金融機関、資産運用、金融ニュース、経済ニュース等があり
          非常に幅広い内容がありますので、その内容を読み解く際に不明な用語等がありましたら
          ぜひ皆さんに活用して頂ければ幸いです。
          金融経済用語は、基礎の分かりやすいものを集めています。
          これで、皆さんが気になる大部分の用語が見つけられるのでは無いかと思います。



  
 TOP > カ行 > 

可変的預金保険料制度



可変的預金保険料制度

 
(カヘンテキヨキンホケンセイド) 【variable-Premium system】
個別銀行の資産内容の安全性や自己資本の水準に応じて、預金保険料率を可変的に設定する制度のことです。この制度下では、リスクの高い銀行はそれだけ高い保険料を支払わなければならないのでモラル・ハザードの発生を防止することが可能となり、また、バランス・シート規制の持つ硬直性を相当程度緩和し得る、というメリットがあります。米国では、銀行の自己資本の充実度や銀行検査等の結果を基準に保険料率を変える本制度の導入が図られたが、日本では導入されていません。



Google
 


 五十音索引
  
 リンク集

 プロフィール

 MAIL
    



Copyright (C) 金融経済用語基礎ガイド , All rights reserved.