「金融経済用語基礎ガイド」のご紹介


           当サイトは、金融と経済にかかわる広範囲な用語を集めてみました。
          金融といえば、金融情報、消費者金融、金融機関、資産運用、金融ニュース、経済ニュース等があり
          非常に幅広い内容がありますので、その内容を読み解く際に不明な用語等がありましたら
          ぜひ皆さんに活用して頂ければ幸いです。
          金融経済用語は、基礎の分かりやすいものを集めています。
          これで、皆さんが気になる大部分の用語が見つけられるのでは無いかと思います。



  
 TOP > カ行 > 

厚生年金



厚生年金

 
(コウセイネンキン) 
原則強制加入の民間被雇用者を対象とした公的年金制度です。厚生年金は、原則として全国民を対象とした老齢基礎年金に、報酬比例年金として上乗せさせるかたちで受給されます。保険料は標準報酬月額に保険料率を乗じた額とし、これを被保険者と事業主で折半して負担します。厚生年金は、1942年に工場労働者を対象とする労働者年金として発足し、1944年に厚生年金と改称して対象が事務職員や女性にも広げられました。1954年改正で、年金額が定額部分と、払い込んだ保険料に応じて年金額が増える報酬比例部分との構成になり、1986年の老齢基礎年金の導入で、従来の定額部分は基礎年金に移行し、厚生年金は報酬比例部分を支給する扱いとなりました。



Google
 


 五十音索引
  
 リンク集

 プロフィール

 MAIL
    



Copyright (C) 金融経済用語基礎ガイド , All rights reserved.