「金融経済用語基礎ガイド」のご紹介


           当サイトは、金融と経済にかかわる広範囲な用語を集めてみました。
          金融といえば、金融情報、消費者金融、金融機関、資産運用、金融ニュース、経済ニュース等があり
          非常に幅広い内容がありますので、その内容を読み解く際に不明な用語等がありましたら
          ぜひ皆さんに活用して頂ければ幸いです。
          金融経済用語は、基礎の分かりやすいものを集めています。
          これで、皆さんが気になる大部分の用語が見つけられるのでは無いかと思います。



  
 TOP > サ行 > 

信託財産留保額



信託財産留保額

 
(シンタクザイサンリュウホガク) 
中途解約するなど投信の換金の際に投資家が徴収される一種の手数料のことです。すべての投信にこの制度があるわけではなく、株式投信など比較的長期で運用しているファンドで設けられています。中途解約があると、組み入れている有価証券を売却するなどしなければならず、売却の手数料がかかるほか、売却によってポートフオリオが崩れるなどのマイナスが生じるため、そうしたコストを解約する投資家に負担させ、保有し続けている投資家に揖失が生じないようにする仕組みです。



Google
 


 五十音索引
  
 リンク集

 プロフィール

 MAIL
    



Copyright (C) 金融経済用語基礎ガイド , All rights reserved.