「金融経済用語基礎ガイド」のご紹介


           当サイトは、金融と経済にかかわる広範囲な用語を集めてみました。
          金融といえば、金融情報、消費者金融、金融機関、資産運用、金融ニュース、経済ニュース等があり
          非常に幅広い内容がありますので、その内容を読み解く際に不明な用語等がありましたら
          ぜひ皆さんに活用して頂ければ幸いです。
          金融経済用語は、基礎の分かりやすいものを集めています。
          これで、皆さんが気になる大部分の用語が見つけられるのでは無いかと思います。



  
 TOP > タ行 > 

超過累進制準備率制度



超過累進制準備率制度

 
(チョウカルイシンセイジュンビリツセイド) 
準備預金制度における準備率の適用に際し、預金量が一定額を超えるごとに、その超過分に対して段階的に高率の準備率を適用するやり方のことです。以前は預金量が一定額を超えた金融機関は、その預金全体に一段高率の準備率が適用される単純累進制を採用していましたが、これでは預金量が一定額を超えるや否や、一挙に準備預金負担が高まるという問題があったため、国内円預金について超過累進制が導入されています。



Google
 


 五十音索引
  
 リンク集

 プロフィール

 MAIL
    



Copyright (C) 金融経済用語基礎ガイド , All rights reserved.