「金融経済用語基礎ガイド」のご紹介


           当サイトは、金融と経済にかかわる広範囲な用語を集めてみました。
          金融といえば、金融情報、消費者金融、金融機関、資産運用、金融ニュース、経済ニュース等があり
          非常に幅広い内容がありますので、その内容を読み解く際に不明な用語等がありましたら
          ぜひ皆さんに活用して頂ければ幸いです。
          金融経済用語は、基礎の分かりやすいものを集めています。
          これで、皆さんが気になる大部分の用語が見つけられるのでは無いかと思います。



  
 TOP > ハ行 > 

配当課税



配当課税

 
(ハイトウカゼイ) 【tax on dividend】
企業が利益の一部を株主に還元するために支払う配当にかけられる税金のことです。現在の税率は、上場株は優遇税率で10%(2008年4月以降は20%の予定)、未上場株は20%で、課税分は源泉徴収されます。確定申告をすることで、税金の控除や還付が受けられる可能性もあります。平成15年4月1日から金額の上限が撤廃され、配当金の多少にかかわらず申告不要となりました。(配当金に関し、事実上の源泉分離課税化)



Google
 


 五十音索引
  
 リンク集

 プロフィール

 MAIL
    



Copyright (C) 金融経済用語基礎ガイド , All rights reserved.