「金融経済用語基礎ガイド」のご紹介


           当サイトは、金融と経済にかかわる広範囲な用語を集めてみました。
          金融といえば、金融情報、消費者金融、金融機関、資産運用、金融ニュース、経済ニュース等があり
          非常に幅広い内容がありますので、その内容を読み解く際に不明な用語等がありましたら
          ぜひ皆さんに活用して頂ければ幸いです。
          金融経済用語は、基礎の分かりやすいものを集めています。
          これで、皆さんが気になる大部分の用語が見つけられるのでは無いかと思います。



  
 TOP > ハ行 > 

配当割引モデル



配当割引モデル

 
(ハイトウワリビキモデル) 【dividend discount model】
理論株価を算出するための代表的なモデルで、株式の投資価値は将来にわたって得られる投資収益を現在の価値に引き直したものになる、という考え方に基づいて、投資収益を1株配当、現在の価値に引き直すための割引率を利子率にリスクプレミアムを上乗せしたものとして理論株価を算出します。配当が将来にわたって一定とする、ゼロ成長モデルや配当が毎期同じ率でふえていくとする、定率成長モデル、さらには企業の発展段階に応じて配当の成長パターンも変化していくと仮定する、多段階成長モデルなどがあります。



Google
 


 五十音索引
  
 リンク集

 プロフィール

 MAIL
    



Copyright (C) 金融経済用語基礎ガイド , All rights reserved.