「金融経済用語基礎ガイド」のご紹介


           当サイトは、金融と経済にかかわる広範囲な用語を集めてみました。
          金融といえば、金融情報、消費者金融、金融機関、資産運用、金融ニュース、経済ニュース等があり
          非常に幅広い内容がありますので、その内容を読み解く際に不明な用語等がありましたら
          ぜひ皆さんに活用して頂ければ幸いです。
          金融経済用語は、基礎の分かりやすいものを集めています。
          これで、皆さんが気になる大部分の用語が見つけられるのでは無いかと思います。



  
 TOP > マ行 > 

みなし取得価格



みなし取得価格

 
(ミナシシュトクカカク) 
2001年9月30日以前に購入した株を2003年1月1日から2010年12月31日までに売却した場合、2001年10月1日時点の終値の80%に相当する金額を取得価格とみなす特例措置のことです。過去に相続等により株式を取得していた場合などの取得価額の把握に時間とコストを要するケースがあることや、更には申告分離課税に習熟するまでの間の申告利便を考慮して設けられました。従来はタンス株券を特定口座に入れる場合にも、みなし取得価格を適用できましたが、2005年4月以降は利用できなくなりました。



Google
 


 五十音索引
  
 リンク集

 プロフィール

 MAIL
    



Copyright (C) 金融経済用語基礎ガイド , All rights reserved.