「金融経済用語基礎ガイド」のご紹介


           当サイトは、金融と経済にかかわる広範囲な用語を集めてみました。
          金融といえば、金融情報、消費者金融、金融機関、資産運用、金融ニュース、経済ニュース等があり
          非常に幅広い内容がありますので、その内容を読み解く際に不明な用語等がありましたら
          ぜひ皆さんに活用して頂ければ幸いです。
          金融経済用語は、基礎の分かりやすいものを集めています。
          これで、皆さんが気になる大部分の用語が見つけられるのでは無いかと思います。



  
 TOP > ワ行 > 

ワラント債



ワラント債

 
(ワラントサイ) 【bond with warrants】
新株引受種付社債と呼ばれていましたが、商法改正で新株予約権付社債に分類されました。その社債発行企業の新株を一定の値段で、社債券面に応じた一定の割合の額だけ引き受ける権利がついた社債のことです。行使価格は発行時の株価を少し上回る水準に決めるのが一般的で、新株予約権という権利がついており、その分、金利が普通社債より低く設定される点で転換社債型新株予約種付社債と似ているともいえます。ただし、転換社債型は転換権の行使によって残高が減っていくのに対して、通常の新株予約権付社債は新株予約権が行使されても、社債残高は償還まで変わりません。



Google
 


 五十音索引
  
 リンク集

 プロフィール

 MAIL
    



Copyright (C) 金融経済用語基礎ガイド , All rights reserved.